ウエイトスタック式マシン


ウエイトスタック式のマシンは、ダンベルやプレートを扱うことなく、ピンの抜き差しだけで重量を調整出来るため、手軽で安全というのが一番の特徴です。

 

ダイエットや体の引き締め、健康を重視したとトレーニングの場合は、効率よくトレーニング効果を発揮するために、大きな筋肉である、胸、背中、太もも、腹筋を鍛えれるマシンを選択します。

 

また、1台で複数の2種類のトレーニング出来る【デュアル】マシンが、省スペースかつコストパフォーマンスの面で、おススメです。



上半身トレーニング


FE040 チェストプレス 定番

 

 

 大胸筋、三角筋, 上腕三頭筋を鍛えます。

 

腕立て伏せ、ベンチプレスは苦手という方に最適なチェストプレス。気軽に大胸筋を中心とした上半身の筋肉を鍛えれます。

 


FE042 ショルダープレス 定番

 

 

 僧帽筋、三角筋, 上腕三頭筋を鍛えます。


FE013 マルチプレス
FE013 マルチプレス

FE013 マルチプレス【デュアル】【定番】

 

チェストプレス、ショルダープレス、インクラインプレスがこれ一台で出来ます。


FE043 ラットプルダウン 定番

 

 

 上腕二頭筋、背中(広背筋、僧帽筋)、胸筋、肩(三角筋)を鍛えます。

 

懸垂(プルアップ)トレーニングを行いたい方には、まずはラットプルダウンがおススメです。背中の筋肉を鍛えるとともに、体の後ろの面全体を活性化させることが出来ます。

 

初心者の方は、逆手で(手のひらを自分の体の方に向けて)ハンドルを握ると、より胸筋を使うことになり、容易に出来易くなります。 

 

上級者の方は、ハンドルを握る両手の幅を、狭くしたり広くしたりすることで、より難易度が高くなります。


FE041 シーティットロウ 定番

 

 背中(広背筋 、僧帽筋)、肩(三角筋)、上腕二頭筋を鍛えます。

 

 

 

 

 


FE014 ラットプル/シーテッドロウ【デュアル】定番

 

ラットプルダウンとシーティッドロウが、これ1台で出来ます。


FE015 ペクトラルフライ/リアデルトイド【デュアル】【準定番

 

磨きのかかった胸(大胸筋)や肩(三角筋)に、仕上げることが出来ます。

 

 


FE044 バイセップスカール 【準定番

 

 

 上腕二頭筋 を鍛えます。

 

ダンベル、バーベルを使わなくても気軽にアームカールが出来るマシンです。


FE045 トライセップエクステンション 【準定番

 

 上腕三頭筋を鍛えます。 

 


FE016 バイセップス/トライセップス【デュアル】【準定番

 

バイセップスカールとトライセップスエクステンションとで、

上腕(上腕二頭筋 、上腕三頭筋)を鍛えます。

 

 


FE034 アッパーリム 【デュアル】【準定番】

 

懸垂(チンアップ・プルアップ)やディップストレーニングで、背中(広背筋 、僧帽筋)や肩(三角筋)、大胸筋、腕(上腕二頭筋 、上腕三頭筋)を鍛えます。

 

懸垂やディップストレーニングをサポートしてくれるマシン。

 

自分の体重の80%位の重さから始め、出来るようになってくれば徐々に重さを減らして行き、自分の力で出来るようにしていきます。

 

また、最も負荷の掛かる所(懸垂であれば、トップの場所)で一呼吸静止するとより効果的です。

 




下半身トレーニング




FE012 レッグエクステンション/レッグカール【デュアル】【定番

 

レッグエクステンションで太ももの前面(大腿四頭筋)、レッグカールで太ももの裏面(ハムストリング)を鍛えます。


FE037 カーフレイズ【準定番

 

ふくらはぎ 、ヒラメ筋を鍛えます。


FE017 レッグプレス/カーフレイズ【デュアル】【定番

 

レッグプレスで太もも(大腿四頭筋・ハムストリング)とお尻(大臀筋)、カーフでふくらはぎを鍛えます。

 

レッグプレスは、下半身トレーニングの中でも定番中の定番トレーニング。必ずトレーニングプログラムに入れて頂きたい下半身トレーニングです。

 

ヒップや内ももの引き締めを重視する場合は、足幅を広くとり、ヒップを引き締めながら行うとより効果的です。 また、上級者には片足でトレーニングがおススメです。

 

 


FE011 ヒップアダクター/アブダクター【デュアル】【準定番

 

アブダクターで太ももの外側、アダクターで太ももの内側を鍛えます。

 

 




コア(体幹)トレーニング